不動産の投資を行う場合

不動産投資にローンを使う

  • トップ /
  • 不動産投資にローンを使う

現金がなくとも不動産は買える

世界経済は袋小路に入り、今後の見通しはいっそう難しい状況にあります。そんな時だからこそ、現金貯蓄以外の方法で資産を形成し運用する必要があります。年金を始めとする社会保障は、人口減少が始まった日本においては先行きがあまりに不透明であり、制度的限界を迎えるリスクがあるからです。資産運用をするにあたり、効率が良いのは不動産投資です。特にアパート経営などの賃貸物件は、利回りの割りにリスクは低めで、長期的に見れば非常に魅力的な投資先です。しかしながらネックとのなるのが、不動産全般に言えることですが初期費用が高額なる点です。これをクリアするのがローンという方法です。月々の収入がローンの支払いを上回れば、まさに金のなる木になりうるからです。

もしマンションに投資するなら

不動産の投資を行う場合には都心などにおいてワンルームマンションを購入するという方法があります。購入価格も100万円単位から始められ、融資を受けてその返済金を家賃収入から返済することも出来ます。ただ空室の出るリスクも伴います。不動産ではもう1つマンションなどの1棟を購入するという方法もあります。この場合には1室が空室になったとしても他の部屋から家賃が入って来ますからリスクとしてはワンルームよりも少なくてミドルリスク、ミドルリターンとされています。いずれにしても少子高齢化、人口減少に向かう中では立地環境が重要とされています。

↑PAGE TOP